物忘れとその改善

サプリメント

認知症は、特に高齢者に発症しやすい症状であり、日常生活に支障をきたすものでもある。これらを予防するためには、脳を活性化させるために趣味を持つことや、人とのコミュニケーションを取ることなどが重要とされている。

アルツハイマーを防ぐ方法

医者

認知症の予防では脳を刺激する事が効果的で、昔を思い出せるような音楽や写真を利用する事が重要です。人と会話をする事で脳を刺激して、認知症の予防に繋がるため、会話が少ない人は積極的に人と会話をする事が大切です。

痴呆症の進行防止

老人

認知症の進行を予防するには健康管理なども必要不可欠です。進行そのものを完全に治療する術は見つかっていませんが、生活に充実間をもち認知症の進行を予防することにつながるのでコミュニティなどに参加し交流をもつことも大切です。

物忘れがひどくなると

高齢者の悩みとなる、認知症を予防する為には、高い予防効果とされる方法を把握しておきましょう。効果的な方法を紹介します。

生活習慣

和食

認知症の予防には生活環境と生活習慣が大きくかかわっています。例えば、毎日スポーツなどをこなす方に比べ、家にこもりがちな方はそれだけ認知症にかかるリスクが高まると言われています。取り立てて何もすることがないという変化に乏しい生活環境では認知症になりやすくなります。また、すでに生活習慣病に罹患している方も認知症になりやすい傾向があるため、糖尿病や心臓病などこれらの病気を持っている人はまずこれらの病気を治すように生活習慣を変えることが大切です。乱れた生活が認知症に繋がってしまうため、出来る限り健全な生活を送るよう心掛けましょう。

青魚の成分

研究ではあじ、サバ、マグロなどの青魚に含まれるドコサヘキサエン酸(DHA)の摂取で認知症が防ぐことができるという研究結果が出ています。DHAは中性脂肪を減らす効果があることは分かっています。また血液がサラサラになって血栓を作りにくくするという効果もあります。血液がサラサラになることにより動脈硬化や脳血管障害が防ぐことができるのもその要因の一つになっています。魚といえば和食を連想する人も多いと思いますが和食を食べて認知症の予防ができるかというと残念ながら断言できるデーターはありません。肉より魚を多く食べ、野菜や豆、穀物や果物、オリーブオイルをたくさん取るという地中海料理も認知症を予防するのではないかと言われていますがこれもまた断言できるデーターがないのが現状です。